本文へスキップ

認知症初期集中支援チーム(にしなりオレンジチーム)
電話:06-6651-6000

○○○○○○○○○○○○○○○にしなりオレンジチーム

にしなりオレンジチームの紹介
医療・介護・福祉の専門職と認知症サポート医が、認知症の早期発見・早期対応を行う専門チームです。
受付時間 月曜日〜土曜日 朝9時〜夕方5時30分まで
(日曜日及び祝日を除く)

どのようなことをするの?topics

支援の流れ

1:電話などによる相談受付
2:自宅に専門相談員が訪問し、詳しく事情を確認
  社会福祉士と看護師が訪問します。
3:認知症サポート医と今後の治療・支援方法を検討
4:支援内容をご本人・ご家族と検討し、決定していく

対象者topics

対象者の範囲

西成区民の方々で、認知症状のある40歳以上の在宅生活をされている方で以下の要件の方々
1:認知症疾患の診断を受けていない方
2:継続的な医療サービスを受けていない方
3:介護サービスが中断している方
4:若年性認知症でお悩みの方

地域情報topics

認知症カフェ

 地域の中で認知症の方やその家族が気軽に立ち寄ることができ、悩み事の相談や情報交換等を通じて孤立予防や介護負担感の軽減をはかることができる「集う場(認知症カフェ等)」

 大阪市内の認知症カフェ一覧


映画情報

 ドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」
 11月17日(土)から 大阪・シネマート心斎橋で公開されます
 劇場情報
 映画情報

           

【内容】 母、87歳、認知症。父、95歳、初めての家事。泣きながら撮った1200日の記録。広島県呉市。この街で生まれ育った「私」(監督・信友直子)は、ドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクター。18歳で大学進学のために上京して以来、40年近く東京暮らしを続けている。結婚もせず仕事に没頭するひとり娘を両親は遠くから静かに見守っている。そんな「私」に45歳の時、乳がんが見つかる。めそめそしてばかりの娘を、母がユーモアたっぷりの愛情で支える母。母の助けで人生最大の危機を乗り越えた「私」は、父と母の記録を撮り始める。だがファインダーを通し、「私」は少しずつ母の変化に気づき始めた…。
病気に直面し苦悩する母。95歳で初めてリンゴの皮をむく父。実家に帰る決心がつかず揺れる「私」。娘として手を差し伸べつつも、制作者としてのまなざしを愛する両親にまっすぐに向けた意欲作。

新着情報news

2018年10月16日
地域情報・映画情報更新
2018年8月16日
活動報告更新
2017年5月12日
ホームページ開設
2017年4月1日
にしなりオレンジチームが正式に活動開始
2016年12月1日
にしなりオレンジチーム立ち上げ

にしなりオレンジチーム

〒557-0063
大阪市西成区南津守7-12-32
社会福祉法人白寿会 1階
担当:金澤・坂口

TEL 06-6651-6000
FAX 06-6651-6060